プログラマーの忙しさと迅速さの要求

プログラマーが働くIT系の業界の全体的な特徴として、仕事が忙しくなり始めると一分一秒を争うほどに忙しくなってしまうことが多いということがあげられる。システムやソフトウェア、Web、アプリ等の開発を行う過程において必ず重要な部分を占めることになるのがプログラミングであり、多くの業界においては他の素材の作成や設計等に比べても最も時間がかかる工程になりやすい。そのため、開発の迅速さを決める要素としてプログラミングがいかに早く進むかということが重要になる場合が多く、周囲の仕事がほとんど終結に近づいた際にはプログラミングのみが開発の仕事として残されることもあるのである。必然的にプログラマーの仕事には周囲からの視線が集まってプレッシャーとなり、言い渡されなくとも激務をこなして一分一秒を争う開発に携わらなければならなくなるのである。こういった状況を軽減するため、複数の人材による分業が行われる場合もある。
しかし、プログラミングにおいてコードの記述の仕方は個人によって特性があることからうまく擦り合わせを行っていくことが難しい場合も稀ではない。そのため、大人数によるプログラミングはかえって全体的な作業効率の低下を招くことが多く、少数精鋭によって担われるのが望ましいのがプログラマーの仕事となっている。そういった影響を受けて、プログラミングを担うIT業界の仕事は激務が通常となってしまっているのである。常態化した激務な環境から抜け出したいと思う方はこのサイトが役に立つかもしれない。【PGのための激務脱出計画サイト

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.