プログラマーの激務の中のメリット

エンジニアにとって、能力向上には強い関心がある。仕事で役立つだけでなく、能力がアップすること自体にも強い魅力を感じている。しかし、初心者から学習を始めて一定の技術水準に達すると、能力は伸び悩み始める。簡単な課題だけでは、もはや能力向上には不十分である。やり応えある問題を多くこなすことができてこそ、能力向上には効果がある。
プログラマーにとっては、激務である事がむしろ実力アップでメリットが大きい。激務を続けて体力を消耗することには問題がある。しかし時には、忙しい仕事を通じて能力アップに役立てることも有意義なことではある。忙しい仕事は、通常の仕事よりも密度が濃い。それだけ多くの課題に取り組むことができ、プログラミング技術者としての能力向上の効果が大きい。
忙しい仕事をやり遂げた後には、実力が以前よりも身についていることが実感できる。こうして多くの忙しい開発の仕事をプログラマーが経験していくうちに、次第に難しい仕事でもこなせるだけの強い自信と実力を持つことができる。短期間でのキャリアアップを目指しているプログラマーは、あえて忙しい仕事がある職場を選ぶのも判断のうちである。忙しい仕事を無事にこなすためには自己管理も重要であり、どのようにすれば仕事が忙しくともケアができるかについても、知識やテクニックを備えておいたほうがいい。多くの激務を経験してきたエンジニアは、忙しい仕事をこなす技に長けている。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.